坪とは?平米は何が違う?単価の計算方法や望ましい広さも紹介

不動産物件を掲載しているサイトなどで、「坪・平米・畳」などの単位を目にした際に、「単位の違いがよく分からない」と感じる方も多いのではないでしょうか。

坪・平米・畳は、不動産の面積を示す単位であり、土地や物件の広さを数字で表記する際に使用します。

不動産業者によってどの単位を使用するかは異なるため、物件を比較する際にはそれぞれの単位が示す面積・換算方法を理解しておくと便利です。

今回は、坪についての概要から、坪の計算方法・マイホーム購入の目安となる坪数まで解説します。
物件情報を閲覧する際にも役立つ情報となるため、ぜひ参考にしてください。

 

1.「坪」とは?

坪とは、「尺貫法」と呼ばれる日本古来の計量方法で使用する単位です。
尺貫法は、メートル法が普及する以前に使用されており、長さを尺、重さを貫で示すことから、このような名称で呼ばれています。

商取引における尺貫法の使用は、昭和34年から禁止されています。
しかし、日本人に馴染みの深い単位であることや業界の慣習として、現在でも土地や建物の面積表記には「坪」という単位が使用されています。

以下は、坪・尺の関係を示した表です。

1辺が6尺の正方形の面積
約0.303m

また、坪と同じように、住宅業界でよく使用される単位に「平米」があります。
平米は、平方メートル(m2)のことです。

1坪を平米に概算すると、約3.306m2となります。
ただし、尺貫法とメートル法を正確に換算することは不可能で、実際は3.305778512…と、端数が無限に続きます。

土地や建物の面積表記を見た際に、広さがイメージしにくい場合は、坪と平米を換算することでイメージが掴みやすくなります。
特に、多くの物件を比較する場合は、自分にとって馴染みの深い単位に統一するとよいでしょう。

 

1-1.坪・平方メートルの計算方法

物件情報などに記載されている面積の表記単位は、物件によってそれぞれ異なるため、広さが分かりにくいと感じる場合があります。
坪・平方メートルを換算する計算方法を知ることで、物件を比較する際に広さをイメージしやすくなるでしょう。

以下は、坪・平方メートルを換算する方法です。

■平方メートル→坪数へ換算する場合の計算方法

  • 計算式
    平方メートル÷3.305(※)=坪数
  • 計算例(50m2を坪数に換算する場合)
    50÷3.305=15.12(坪)

■坪数→平方メートルへ換算する場合の計算方法

  • 計算式
    坪数×3.305(※)=平方メートル
  • 計算例(70坪を平方メートルに換算する場合)
    70×3.305=230.4m2

※「3.305」は、1坪あたりのm2を示す近似値であり、以下の計算で求めています。

1坪=6尺×6尺

1坪=(6×0.3030m)×(6×0.3030m)

1坪=3.305m2

1坪は、各辺が6尺の正方形の面積を示すため、単位である尺をメートル換算しなくてはなりません。
しかし、尺とメートルの換算には端数が続くため、近似値を用います。

そのため、坪・平米を換算する場合には、若干の誤差が発生する点に注意してください。

わずかな誤差であっても、土地や建物の相場が高い都市部などでは、購入金額が大きく変わるケースがあります。

 

1-2.坪単価の計算方法

土地や建物の価格を細かく比較する場合は、「坪単価」を把握する必要があります。

以下は、坪単価を求める計算式です。

■坪単価の計算式

  • 計算式
    本体価格÷延床面積(坪)=坪単価
  • 計算例(延床面積50坪で本体価格3,000万円の場合)
    3,000万円÷50坪=60万円

住宅を建てる際は、「坪単価」を目安にしてハウスメーカーや工務店を選ぶことが一般的です。

ただし、坪単価を比較する際は「坪単価における明確な定義はない」という点に注意しましょう。
坪単価を算出する際は、基本的に「延床面積」を使用して計算することが多いですが、一方で「施工床面積」を使用している業者もあります。

施工床面積の場合は、坪単価に含まれない「玄関ポーチ」「バルコニー」などの面積も含むため、延床面積で計算するよりも坪単価が安くなる傾向です。

そのため、住宅メーカーを選ぶ際は、どのような方法で算出した坪単価であるかを確認した上で、各業者を比較しましょう。

 

1-3.坪・平米・畳の換算

面積の単位として、坪・平米よりも「畳」のほうが、馴染みのある方が多いのではないでしょうか。
例えば、6畳が示す広さはおおよそイメージできる場合でも、6畳に相当する「3.3坪」「10.9m2 」などは、イメージが付きづらい方もいるでしょう。

以下は、坪・平米・畳の換算表であるため、物件を比較する際や会議室を予約する際など、広さを把握したい場合に、ぜひ利用してください。

坪・平米・畳の換算表
坪数 平米数 畳数
1坪 3.305m2 1.812畳
5坪 16.52m2 9.061畳
10坪 33.05m2 18.12畳
20坪 66.11m2 36.24畳
50坪 165.2m2 90.61畳
70坪 231.4m2 126.8畳
100坪 330.5m2 181.2畳

また、以下は平米・畳を基準とした換算表です。

1m2 0.3025坪 0.5482畳
1畳 0.5517坪 1.824m2

例えば、35坪を平米に換算したい場合には、1坪あたり3.305m2であるため、「35×3.305」と計算することができます。
また、20m2を畳に換算したい場合は、1m2が0.5482畳であるため、「20×0.5482」で求められます。

 

2.マイホーム購入時に望ましい坪数は?

マイホーム購入を検討している方は、目安となる坪数についても理解しましょう。
マイホーム購入時における一般的な坪数の目安は、約35坪と言われています。

ただし、居住する人数・状況などによって目安となる坪数は変わるため、注意が必要です。

以下は、居住人数別の坪数・平米数・畳数の目安です。

〇快適な一人暮らしがしたい場合

  • 坪数 8坪~
  • 平米数 30平米~
  • 畳数 16畳~

快適な一人暮らしをするために物件を購入する場合は、最低8坪程度のスペースがあれば、窮屈さを感じずに暮らすことができます。

〇カップルで暮らすなど、二人暮らしがしたい場合

  • 坪数 10坪~
  • 平米数 32平米~
  • 畳数 18畳~

二人暮らしの場合は、同居生活を送る上で快適さを保つためにも、少し広めに見積もった10坪以上が好ましいとされます。

〇家族で暮らしたい場合

家族で暮らす場合は、世帯人数によって必要な面積が異なります。
以下は、必要面積を求める計算式です。

■家族で暮らす場合の必要面積

  • 計算式
    人数×10m2+10m2
  • 計算例(4人家族の場合)
    4人×10m2+10m2=50m2

4人家族の必要面積である50m2を坪数に換算すると、約15.13坪です。

住まいを建てる際は、今後のライフスタイルを想定した上で、最適な坪数を計算するとよいでしょう。

 

3.物件はグランディハウスで探すことがおすすめ

茨木・栃木・群馬・埼玉・千葉などの関東圏で物件を探すならば、30年以上にわたって積み重ねてきたノウハウと実績がある「グランディハウス」がおすすめです。

グランディハウスでは、生活の質にこだわった住まいづくりを大切にしています。
そのため、建物の設計から、建築・販売・アフターフォローまでをワンストップで行い、住む方が笑顔になれる住まいを、自信をもって提供しています。

グランディハウスのコンセプト・物件情報が詳しく分かる資料は、ホームページから無料で請求可能です。
また、住まいづくりに関する様々な相談ができる「オンライン相談サービス」も実施しています。

関東圏で住まいづくりを検討している方は、ぜひグランディハウスにご相談ください。

 

まとめ

坪とは、「尺貫法」で使用する単位であり、1辺が6尺である正方形の面積を指します。

坪を平方メートルに換算する際は「3.305」をかけ、平方メートルから坪を算出する際は「3.305」で割ってください。
また、一般的な坪数の目安は約35坪とされています。

関東圏で注文住宅を検討している方は、土地の開発から、建物の設計・建築、販売・引き渡し後の対応までを一貫して行う「グランディハウス」を、ぜひご利用ください。