TOWN MAKING 感性とふれあう豊かな街づくり TOWN MAKING 感性とふれあう豊かな街づくり

思い出を紡ぐ場所

わたしたちがつくっているのは、
「Live stage」
住まうひとがいきいきと輝き、
日々の暮らしを楽しむところです。
住宅の基本性能はもちろん、その先にある心地よさや
住まいへの愛着を大切にし一邸ずつ、つくり上げています。
家づくりに関わる全てのスタッフが
自身の家族を想うような気持ちで家づくりに向きあっています。
何気ない日常の中、かけがえのない
家族の思い出を紡ぐところが、我が家でありますように。

動線設計

楽しく・かしこく。
スマートに暮らす。

料理や洗濯、掃除といった
毎日の家事の負担を軽くするために、
無駄のない家事動線をかたちにしました。

  • コンパクトにまとまった水廻り
    水廻りをぐるりと回遊できる動線は、無駄な動きを省き、家事や身支度などがスムーズにできます。
  • 動線に配慮した収納配置
    シューズクロークに、キッチン横のパントリー、リネン庫などを各所に配置することで効率の良い動線を実現します。※S.C・・・シューズクローク
  • 2way動線のタタミルーム
    客間としてはもちろん、洗濯物の仮置きや、小さなお子さまのオムツ替え・お昼寝など様々な使い方ができます。
  • 多目的スペース
    サンルームを設ければ、雨の日の室内干しスペースとして活用でき、居室がスッキリと片付きます。
インテリアデザインの詳細も掲載!

収納設計

ゆとりのスペース×
ストレスフリーな収納。

暮らしの必需品だけでも、
家の中は予想以上にたくさんの物で溢れています。
グランディハウスは、全棟にゆとりあるスペースを確保し
生活動線を意識した収納設計を行っています。

スッキリ収納のコツ
物の「量」と「種類」を把握して、
「一番使いやすい場所」に
物の「指定席」をつくる
1F
2F
番号ををタップしてポイントを見る
1F 1 2 3 4 5 6 7 8
2F
  • 洗面室に+(プラス) リネン庫 洗面室に大容量収納があると、効率よく洗濯できて、ストックやタオル類もスッキリ収まり、家事の時短が叶います。 4人家族の平均的なタオルの所有数はバスタオル8枚、フェイスタオル20枚。
  • リビングに+(プラス) センターストレージ あれどこだっけ?がなくなるよう、物の指定席を決めて収納。家族みんなが楽に片付けることができます。 おもちゃ、通勤・通学グッズの一時置き、雑誌やDVD...全て床に並べると約4.5帖分に!
  • 玄関に+(プラス) シューズクローク エントランスクローク 上着やお出かけ用品が取り出しやすく、ベビーカーや外遊び道具などもスッキリ収納。身支度がスムーズにできます。 4人家族の平均的な靴の所有数は約40足。ほかにも傘やベビーカー、アウトドアグッズなども。
  • キッチンに+(プラス) パントリー 食材の買い置きなどをたっぷり収納。サッと取り出しやすいサイズと奥行きが計算されているのがポイントです。  様々な物であふれるスペース。ストックや食器を並べるだけでも約1.5帖分とも言われます。
  • ホールに+(プラス) 納戸 クローゼットよりも奥行きが広く、大容量の収納力が魅力です。収納として以外にも多用途に使うことができます。 イベント用品、季節の衣類や家電。整理するためのスペースが狭いと、物が溢れる大きな原因となります。
  • 寝室に+(プラス) ウォークインクローゼット パイプや枕棚で空間を立体的に使います。広さに余裕があれば、衣類の種類や使用頻度に合わせてきちんと整頓できます。 全体量を把握しにくいクローゼット。4人家族の平均的な衣類の容量は衣装ケース約15〜20個分!
  • さらに収納を+(プラス) 階段下収納 掃除道具の収納や日用品の買い置きなどにぴったりです。
  • さらに収納を+(プラス) 小屋裏収納 季節の物を収納したり、お子さまのプレイルームとしても使用でき、居室にゆとりが生まれます。
インテリアデザインの詳細も掲載!

コミュニケーション設計

集いが生まれる。
ふれあいが心地よい空間。

プライベートな空間を保ちながらも、
家族が自然とふれあい、
集いたくなるようなリビングの設計を重視しています。

  • リビング階段
    階段はリビングを通る配置に。
    ご家族が顔を合わせる機会が
    自然とふえるふれあい重視の設計です。
  • 吹き抜け空間
    開放感のある吹き抜けの空間。
    上下階でのコミュニケーションも
    スムーズにできます。
  • ファミリーコーナー
    家事をしながらお子さまと会話をしたり、宿題をみてあげるなど、親子の時間と絆を育みます。
  • スキップフロア
    それぞれの部屋のプライバシーを守りながらも、壁のないオープン空間は、家族の気配を常に感じることができます。
インテリアデザインの詳細も掲載!

ゆとり設計

暮らしにもっと
自由と楽しさを。

目的によって自由に使える
多目的空間を設け、
家族時間も自分時間も楽しめる工夫を
随所に施しています。

  • フレキシブルな空間設計
    家族の成長やライフスタイルの変化に合わせて、間取りを柔軟に変更することができ、空間を有効に使えます。
  • インナーテラス
    天気を気にせず洗濯物を干せるのはもちろん、ガーデニングや、カフェのような寛ぎの時間を楽しめます。
  • 土間スペース
    自転車を整備するガレージ、べビーカー置き場など、趣味や収納スペースとして色々な用途に自由に使えます。
  • 大型納戸
    暖房器具などのシーズンオフの家電やレジャー用品も余裕で収納。お子さまのプレイルームにもなります。
インテリアデザインの詳細も掲載!
ページトップへ戻る